メーカーと直接交渉することで安くなる

メーカーと直接交渉することで安くなる

高等テクニックですが、メーカーと直接交渉することで安くしてもらうことがあります。なので、製造をしないとしてもいい分の労力を自社の業務の他の業務に力を注ぐことで、より屹々利益を挙げることができてくるので、結果的にコスト削減に繋がります。そのため、本来ならば製造にかかるはずの膨大な時間と労力を他のことに注げます。OEMメーカーに製造してもらえるですのでは、自社で行う製造の手間が省けるということということであります。見積もりが切っての低廉メーカーに委託すると、コストを下げることができます。その為1社だけでではなく、複数のOEM製造メーカーに見積もりを出してくれることが肝心です。誰もが遣ったところでなら安くしてもらいたいと思っていますので、製造メーカーも嫌な顔しかしないかもしれないが、切実な理由があればもしかしたらメーカーのハートを撃ち抜き、安くしてもらえるかもです。1社のみの見積もりで決定すると、もしかしたら他の企業に委託した方が安くできたいかもしれませんという疑念から離れることができなくなってくるでしょう。コストを下げるためには海外工場を所持したりするメーカーを選ぶのは悪くない選択肢です。日本で作るよりも、海外で作った方が人件費などの面からコストを下げやすいことは周知の事実です。海外工場の品質は日本の工場よりも基準がだぶだぶところがぜんぜんであるため日本で作るよりも良くはなるわけがないことがおだいたいであることは理解しておこう。ただ、海外工場があるからといっていい加減な基準で選ぶと、納期が遅れたり、後から不良品が検出されましましましたりとかいというトラブルが生じることがあげられます。

トップへ戻る